静脈内鎮静法によるインプラント手術
静脈内鎮静法(セデーション)とは

安心・安全・リラックス 快適な治療を! 痛みを感じない治療を実現する。

静脈内鎮静法とは、歯科治療で一般的な歯茎に注射をする麻酔とは違い、鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入することで、ウトウト眠っているような状態をもたらす麻酔の方法です。

静脈内鎮静法は、手術や治療に強い不安や恐怖心、緊張を持っている方でも、リラックスした状況で無痛状態を作り出し、患者様が安心して手術や治療ができます。
今、歯科治療に付きまとうマイナスイメージを払拭できる施術方法として、歯科治療の分野で注目されています。

静脈内鎮静法の対象

□ 不安や恐怖心の強い方
□ 長時間の手術を受けられる方
□ 基礎疾患(高血圧、糖尿病など)がある方
□ 嘔吐反射が強い方
□ 歯科治療の最中に気分が悪くなったことがある方

静脈内鎮静法の特徴

□ 鎮静中は完全に意識がなくなることはなく、ウトウト眠った状態になる
□ 口内の注射や治療を殆ど覚えていない状態になる
□ 嘔吐反射が強い人でも、「オエッ」となるのを防ぐ
□ 痛みや恐怖心などのショックを未然に防ぐ

インプラントの処置は通常の歯科治療と異なりどうしても不安をお感じになる方が多いです。そのため、術中は緊張しがちで心拍数や血圧が上昇傾向となり、その分出血も増します。
静脈内鎮静法は、その不安を軽減させるための配慮ですので、余計なストレスに起因する偶発的トラブル回避のために有効です。インプラント手術は、インプラント専門医が執刀し、麻酔科の専門医が血圧や心電図、呼吸状態を絶えず見守り、必要に応じてその治療を行います。増田歯科医院では専門医によるチーム医療で、インプラント治療を成功へ導きます。

インプラント専門医資格

日本歯科医師会の中に学術団体として日本歯科医学会が組織されています。その日本歯科医学会の中の専門分科会の1つが(公社)日本口腔インプラント学会で、1万人以上の会員を有する最大の歯科の学会でもあります。
この(公社)日本口腔インプラント学会が定めた専門資格の中の1つが専門医制度です。つまり、これは国に認められた唯一のインプラント専門資格なのです。
当院では専門資格を持った歯科医師および歯科衛生士がインプラント診療に携わっております。

インプラント専門医がいる歯科医院「増田歯科医院」

増田歯科医院は、虫歯や歯周病などの一般歯科からインプラントまで総合的な治療の提供を行っております。インプラントは健康な隣の歯を削ることなく、しっかりと噛め食べ物を美味しく味わえる治療法で、インプラントの実績豊富な専門医による安全な治療を提供しています。当院では手術室やCTスキャンなど、安心・安全なインプラントの普及をめざすとともに、手術をした日に歯が入り噛める“all-on-4(オールオンフォー)”などのインプラント専門医ならではの高度なノウハウを活かした治療などを行っています。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

衛生士ブログ

2017/05/19
噛む

2017/05/2
指しゃぶり

2017/04/18
指しゃぶり

もっと見る

スタッフブログ

2017/05/9
GW

2017/04/24
長野

2017/04/10
水族館

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

患者様の声

採用情報

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア