インプラント治療年間400本以上の豊富な実績。

歯ブラシ

こんにちは。
増田歯科医院、歯科衛生士の酒井です。

これまでのコラムで、普段のセルフケアで歯ブラシ以外にどのような道具を使うのが
虫歯や歯周病予防に効果的か、というお話をさせていただきましたが、歯ブラシはどのようにお使いですか?

同じ歯ブラシでも、当て方、動かし方によって歯に対する影響は変わってきます。

今回は、歯と歯茎の境い目の部分を磨く時の歯ブラシの使い方を紹介させていただきます。

まず、歯ブラシを歯茎の方向に斜め45度くらいに持ち、歯と歯茎の際の所に置き
歯茎も一緒にマッサージするようなイメージで小刻みに動かします。
急いでいるとついつい大きい動きになってしまいがちですが
歯のカーブのところにも歯ブラシの毛先がしっかり当たっている事を確認しながら
1本ずつ、しっかり磨く事を意識してみてください。

この時、力が入りすぎていると歯がすり減る原因になります。
力が入りすぎないように、握って持つのではなく、鉛筆持ちで歯ブラシを持つようにしましょう。
歯ブラシの毛先がしっかり当たっていれば、そこまで力を入れなくても歯垢を取る事が出来ます。

しっかりと歯の表面を磨いていても、歯と歯茎の際の所には以外と歯垢が残っている事があります。

歯茎の引き締め効果もありますので、是非普段の歯磨きでこの磨き方を意識してみてください。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

衛生士ブログ

2018/01/31
口内炎

2017/12/6
口内炎について

2017/10/18
口臭

もっと見る

スタッフブログ

2018/04/18
ランチ

2018/04/10
お花見

2018/04/3
映画

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

患者様の声

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア