診療内容

All-on-4オールオンフォー 手術したその日に噛めるインプラント

総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失った方のためのインプラント治療法です。

Allon4の模式図

All-on-4(オールオン4)は、総入れ歯をお使いの方や、多くの歯を無くした方、インプラントを挿入するには奥歯の骨が足りないと診断された方のための最先端のインプラント治療法です。

従来、全ての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。

All-on-4(オールオン4)は、インプラントを、骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、片顎4本づつのインプラントで、全ての人工の歯を支えることが出来ます。(※ 顎骨の状態によっては、補助的にインプラントを追加する場合があります。)これにより、上記の様な不安要素を解消することが出来ます。
手術や費用の負担を必要最低限に押さえた新しいインプラント治療法、それが、All-on-4(オールオン4)です。

All-on-4(オールオン4)とは?

All-on-4(オールオン4)とはポルトガルのDr.パウロ・マロが開発した技術で、マロが経営する「マロ・クリニック」で修行を積んだドクター達によって、全世界へ広まりました。
マロはこのAll-on-4(オールオン4)によって、上顎・下顎それぞれたった4~6本のインプラントを埋め込むだけで全ての歯を支えることを可能とし、それまでのインプラントの常識を覆しました。
インプラントは、顎の骨に人工の歯の根っこを埋め込むという技術ですが、多くの歯を失った総入れ歯の方の場合、片方の顎につき8~14本のインプラントを埋め込まなければならないため、身体的にも費用的にも大変な負担となっていました。
また、顎の骨量が足りない方にとっては、骨移植などで骨量を増やしてからインプラントを行わなければならず、こちらも大変な負担でした。
その点All-on-4(オールオン4)は、片方の顎につきたった4~6本のインプラントで済むため、手術の回数も減り身体的にも負担が少なく、費用についても大幅に節約することが可能となります。
またたとえ顎の骨量が少ない方でも、4~6本のインプラントを骨量の多い箇所を選んで埋め込むことができるため、骨移植などの心配もなく受けていただくことが可能です。

All-on-4(オールオン4)の特長

All-on-4(オールオン4)は、従来のインプラントと異なり、たった4~6本のインプラントですべての歯を支えるという、画期的なインプラントです。
その仕組みは、下図のように、インプラントを斜めに埋め込み、ひとつのインプラントにかかる力を分散させながら、ひとつの丈夫なフレーム(人工歯と土台の部分)で連結させることによってしっかりと支えるという構造です。
これにより、すべての歯をたった4本のインプラントで支えることができ、噛む力を均等にすべての歯に伝えることができます。
また、インプラント手術をした当日に、人工の歯が入るので、その日のうちにすぐによく噛むことができます。

All-on-4(オールオンフォー)の特長

All-on-4(オールオン4)のメリット

手術をしたその日に固定式の歯が入って噛める!

インプラント手術をしたその日のうちにフレーム(人工歯と土台の部分)を装着しますので、その日の食事からすぐに噛むことができます。

基本的に4~6本のインプラントなので経済的。

今までのインプラントと違い、たった4~6本のインプラントですべての歯を支えますので、失った歯が多い方や総入れ歯の方にも費用の負担が少ないです。

骨を増やす手術は基本的に不要。

顎の骨量が少ない方でも、骨量の多い箇所を狙ってインプラントを埋め込むことが可能なため、骨移植などで骨を増やす手術が不要です。

インプラント本数が少ないのでご自身のケアも楽!

埋め込むインプラントの数がたった4~6本ですので、ご自宅でのケアも簡単です。

義歯をしっかり固定するので、取り外しの入れ歯で苦労する必要がありません。

4~6本のインプラントをひとつの丈夫なフレーム(人工歯と土台の部分)で連結し、しっかりと固定しますので、入れ歯のように取り外したりする必要はありません。

All-on-4(オールオン4)はこんな方におすすめ

All-on-4(オールオン4)は特にこんな方におすすめの手術です。

歯を多く失った方や総入れ歯の方

総入れ歯の方が通常のインプラント治療を行うとなると、片方の顎につき8~14本のインプラントを埋め込むのが普通でした。
そうすると、手術の回数や治療の期間も長くなり、身体的にも相当な負担を強いられます。
また、1本30万~40万円もするインプラントを10本以上埋め込むとなると、多額の費用が必要です。
しかしAll-on-4(オールオン4)は、日常生活に必要な12本の人工歯を支えるためにたった4~6本のインプラントで済みます。
治療の期間もぐんと短くなり、経済的にも費用を安く抑えることができるためおすすめです。

顎の骨量が少ない方

通常のインプラントでは、顎の骨が少ない箇所にはインプラントを埋め込むことができません。不安定になるからです。
そのため骨量の少ない方には、別途骨移植などで骨の量を増やす手術が必要となります。
これは患者様にとっても大きな負担です。
しかし、All-on-4(オールオン4)では、インプラントの本数が少ないため骨量の多い箇所を選んでインプラントを埋め込むことができます。
骨量の少ない方でも骨移植などの手術なしに、インプラント治療を受けていただけます。

大阪でAll-on-4(オールオン4)が受けられるクリニックをお探しの方へ

増田歯科医院は、大阪府守口市・門真市・京橋にクリニックがあり、All-on-4(オールオン4)治療を行っております。
大阪市内の方はもちろん、守口市・門真市・寝屋川市・高槻市の近隣の皆様を中心に、他府県からもAll-on-4(オールオン4)治療のためにご来院いただいております。
増田歯科医院では、All-on-4(オールオン4)治療を行うにあたり、事前のカウンセリングが大変重要だと考えております。
All-on-4(オールオン4)やインプラントの成功のカギはカウンセリングにあると言っても過言ではありません。
患者様がいま抱えているお悩みや不安を聞き出し、模型やレントゲンによる診査診断を行い、治療方針やメンテナンスについて、「あなただけの治療プラン」をご提案いたします。

インプラント治療のリスク・デメリット

インプラント治療は医療行為であり、手術を伴いますので、どんな手術でもそうであるようにリスクというのはあります。また、インプラントはよく噛める、見た目がいいというような素晴らしいメリットがありますが、やはりその一方でデメリットというものも存在します。インプラント治療をお考えの方は、治療後に「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、インプラント治療の良い面ばかりではなく、リスクやデメリットをよく理解した上で治療法を決定していくことが大切です。

●インプラント治療のリスク
インプラント手術時のリスク

■血管や神経の損傷
インプラントの穴を開ける際に、大事な血管や神経を誤って傷つけてしまうことがあります。CT撮影を行わずにインプラント手術を行うと、このような事故が起こる場合があります。

■骨の貫通、上顎洞への突き抜け
骨の状態をよく把握せずにインプラント手術を行うと、インプラントの穴をほる段階で方向を間違えて骨を貫通したり、上顎洞と呼ばれる副鼻腔にインプラントが突き抜けたりすることがあります。こちらもCT撮影を行わない場合に起こりがちなトラブルです。

■オーバーヒート
インプラントの穴を開ける際に、ドリルの回転が強すぎたり、力がかかりすぎると、骨が火傷を負った状態(オーバーヒート)となり、骨が壊死してしまいます。こちらはインプラント治療に未熟な歯科医師によって起こる場合がほとんどです。

■細菌感染
きちんと消毒滅菌がなされていない器具を使って手術を行なったり、口腔内が不衛生な状態で手術を行うと、インプラントを行なった傷口より細菌感染を起こすことがあります。

インプラント治療後のリスク

■インプラントが骨とくっつかない
骨不足や骨の質が悪い、細菌感染、インプラントに異常な力がかかった、というようなことが原因でインプラントと骨がうまくくっつかない場合が稀にあります。

■インプラント周囲炎
お口の清掃状態が悪かったり、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ったりすると、インプラントの周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが長持ちしないことがあります。

※当院では、インプラント治療の経験豊富な歯科医師が、衛生管理を徹底した環境でインプラント手術を行っています。また、インプラント手術を行う前に必ずCTスキャンを行ない、あごの骨の状態をしっかりと把握した状態で安全・確実な施術を行いますので、安心して治療を受けていただくことができます。
また、インプラントが入った後も、インプラントを長期的に使っていただけるよう、メインテナンスにも力を入れております。

●インプラントのデメリット

■治療費が高額
インプラント治療は保険が適用されませんので、どうしても他の治療に比べると高額になってしまいます。

■手術を受ける必要がある
ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む手術が必要になります。麻酔はしっかりと効いた状態で行いますので、痛みを感じることはほとんどありませんが、重度の全身疾患がある方でリスクが高い場合には手術が行えない場合があります。

■治療期間が長くかかる
インプラントは、骨の状態にもよりますが、骨と結合するまでに数ヶ月を要します。そのため、最終的に人工歯が入るまで、通常3ヶ月〜6ヶ月ほど治療期間がかかってしまいます。

※インプラントは治療費が高額にはなりますが、しっかりとお手入れをすれば半永久的に持たせることも可能な治療です。つまり、他の治療と比較して結果的に長く持たせることができるため、一概に高額とも言いきれない部分もあります。また、治療期間は他の治療に比べて一般的に長くかかりますが、場合によってはすぐに仮歯を入れることも可能ですので、ご相談ください。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

スタッフブログ

2019/10/25
お皿

2019/10/2
USJ

2019/09/9

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア