歯科ブログ

子供から「矯正したい!」という子はなかなかいない!だからこそ親が子供の矯正を促すことが大事

親が子供の矯正を促すことが大事

お子さんの歯列矯正、どうするか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。「子どもが特に気にしていないからいいのかな?」「矯正はいやだと言っているし…。」と、お子さんの様子をうかがっているという方も少なくないでしょう。しかし、子どもの歯列矯正は早く始めた方がよいという事実もあります。様子をうかがって時間が経ってしまってはいけません。こちらから、治療を促すことが大切です。

子どもの歯列矯正が大事な理由

子どもの歯列矯正が大事な理由

食生活の変化によって、子どものあごがあまり発達せずに、細いままであること増えてきました。あごが細いままでは、永久歯が生えるスペースが狭くなり、限られたスペースで歯が生えようとするため、歯並びがガタガタになってしまいます。あごが細いと、歯並びが悪くなる可能性が高いのです。
歯並びが悪いとどうなるかというと、重なって生えたり傾いて生えたりしている歯は歯磨きがしづらく、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、舌の位置までずれて正しい発音をすることが難しくなったり、歯とあごのバランスが崩れて筋肉が変に緊張し、肩こりや頭痛につながったりする可能性もあります。

さらに、このような身体的影響だけでなく、見た目のコンプレックスを生んでしまい、うつむいたままの子どもやあまり笑わない子ども、元気がない子どもなど、精神面でも影響がでてしまうこともあるのです。
子どもの身体や精神は成長段階にありますから、現時点ではさほど気にならなくても、のちのちに身体や精神面で影響がでてくることは十分考えられます。子供の矯正は、大人へと成長していく過程で、未然に様々な不調や病気を防ぐこともできるのです。

子どもの歯列矯正を早くはじめた方が良い理由

子どもの歯列矯正は可能な限り早くはじめた方が良い、というのはその通りで、歯やあごの骨がまだ柔らかい(動かしやすい)子どものうち矯正しておく方が、大人になってからの治療に比べるとスピーディに治療が進みます。また、あごが細いがために歯が生えるスペースが限られて、結果歯並びが悪くなっているケースでは、1本1本の歯に生えるスペースを与えるために、抜歯が必要になる場合があります。この時、永久歯が生えそろってしまっていると、残念ながら抜歯をしなければなりませんが、乳歯から永久歯に生え変わる子どもの時期であれば、勝手に乳歯が抜けてくれますから、抜歯をせずに済むことこともあるのです。他にも、歯が生え変わったばかりの成長期の子供だからこそできる歯列矯正治療として、歯とあごを同時に矯正するという方法もあります。成長期の柔軟な子どもの身体を利用して、あごを広げつつ、歯並びの調整もします。

忘れてはならないのがやはり精神面で、13歳以上になってくると子どもは思春期を迎えます。思春期といえば、人生の中でもっとも自分の見た目について悩む時期といっても過言ではありませんよね。ただでさえ見た目や人の反応に敏感な時期ですから、この時期に、目立つ歯列矯正器具をつけていると、恥ずかしい、嫌だという思いを強くもつお子さんもいます。この時期に歯列矯正を促すのは、正直とても難しいでしょう。お子さんに歯列矯正をすすめるのであれば、思春期に入る前には始められるように考えた方が良さそうです。

子どもへ歯列矯正を促そう

子どもへ歯列矯正を促そう

子どもの歯列矯正がとても大切だということは、十分にお分かりいただけたかと思います。ただ、子ども自ら「歯列矯正をしたい!」と訴えるケースはかなり少ないでしょう。周りの子どもが矯正器具をつけ始めてやっと、歯列矯正というものがあるのだと気づく子どもがほとんどかと思います。

早い段階で子どもに歯列矯正を受けさせるには、親の積極的な行動が必要不可欠です。「歯列矯正は怖い、痛い」といった情報が子ども同士で伝わっていく前に、手を打つ必要があるでしょう。一度、「歯列矯正は痛いんだ。」と思ってしまうと、子どもはなかなか矯正治療を受けようとしてくれませんし、歯医者さんへ行けたとしても、断固拒否!の状態になってしまうかもしれません。親からすると、とても困ってしまいますよね。そうなる前に、「歯をきれいにしようね。」「歯並びがきれいだと、とっても褒められるよ。」など、子どもにプラスの言葉をどんどん投げかけましょう。

また、「矯正をすることは普通だ。」という感覚を子どもに植えつけることも大切です。事実、欧米諸国では、子供の矯正は当たり前にするものと認識されています。「当たり前」にしてしまえば、散髪をすることと同じくらい、とはいかないまでも、比較的歯列矯正を受け入れやすくなるはずです。子供の矯正は親が促すしかありません。子どものためにもとぐっとこらえて、辛抱強くアピールしていってくださいね。治療開始のタイミングなど心配事があれば、かかりつけの歯医者さんに相談しましょう。歯科検診のついででも構いません。増田歯科ではいろいろな子どもを見てきていますから、様々な知識・経験からアドバイスをさせて頂きます。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

衛生士ブログ

2018/09/7
知覚過敏

2018/08/1
歯磨き粉

2018/06/13
矯正(MFT)

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

患者様の声

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア