歯科ブログ

歯が汚く見える原因とその対処法

歯が汚く見える原因とその対処法

白くてつやつやとしたきれいな歯は、誰もが憧れるものですね。笑った時や、ふとした瞬間に見えるきれいな歯は、それだけでとっても魅力的です。しかし、自分の歯はどうだろうと鏡で見てみると、「あれ、毎日歯を磨いているのに、なんだか汚い?」と、少しがっかりしたことはありませんか?毎日歯を磨いているのに、どうして汚く見えてしまうのでしょうか。どうやら、その原因は人によって様々にあるようです。各々、その原因を突き止めることで、きれいな歯への一歩となる対処法を実践してみましょう。あなたも、白くてつやつやのきれいな歯を手に入れることができるかもしれません。

原因は、あなたの生活習慣かも
あなたの生活習慣

家事や仕事の合間にひと休み。そんな時は、コーヒーや紅茶でお茶をしたり、タバコで一服したりする方が多いのではないでしょうか。1日に何杯もコーヒーや紅茶を飲む方も多いでしょうし、夜の晩酌には赤ワインなんて方もいるでしょう。タバコだって、1日に数本は吸われますよね。さて、こういった毎日行っている生活習慣といえる行動、実は、歯を汚く見せる原因になっているのです。

コーヒーや紅茶、ワインといった色の濃い食べ物や飲み物は、その色素が歯に沈着しやすく、歯にこびりつくと、よく聞く「ステイン」という汚れになります。ステインは、通常の歯磨きだけではなかなか落とすことができません。対策としては、色の濃い飲食物はなるべく避けること、飲食した場合は、色素が沈着してステインになる前に歯を磨いて防ぐことです。万が一ステイン汚れがついてしまった場合は、歯磨きでは落とすことが難しいので、歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらいましょう。

タバコ

タバコですが、こちらはご存知の方も多い「ヤニ」が歯に付着し、それが固まってしまうことで歯が黄ばんでしまうのです。タバコを吸わないというのが一番の対策ですが、なかなかそうもいかないと思いますので、タバコを吸った後は丁寧に歯を磨くことが大切です。一度ヤニが固まって黄ばんでしまうと、こちらも歯医者さんでのクリーニングでないとなかなかきれいになりません。

原因は、歯の病気かも

色素沈着ではなさそうだけれど、なんだか見た目が汚いな…、と思ったら、違和感や傷みがなくとも一度歯医者さんで診察を受けてみましょう。その見た目の原因は、もしかすると歯の病気かもしれません。虫歯で黒くなっているということも考えらえますし、さらには歯周病や、歯の神経が死んでしまっているという事態も考えられます。神経が死んでしまった歯は、血が流れずに再生能力を失って、だんだんと黒ずんでいってしまうのです。こちらは、病気にならないよう日々のブラッシングなどオーラルケアが最も大切ですが、おかしいなと感じたら、早めに歯医者さんでの歯科検診を受けることを強くおすすめします。

原因は、治療あとかも

虫歯や歯が欠けてしまったなどの治療で、被せものをすることはよくありますよね。その被せものが、保険対象のプラスチックであった場合、経年劣化で2~3年経つとどうしても黄ばんできてしまいます。また、被せる際の土台に金属を使用しているので、歯茎と被せものの歯の間が黒く汚れてしまい、結果歯が汚く見えてしまうということになるのです。
プラスチック素材の被せものでは仕方のない劣化なので、今後被せものをされることがある場合は、劣化してしまうプラスチックではなく、変色がなく金属も使用しない「オールセラミック」の治療を検討されるとよいでしょう。歯が汚れて見えてしまう悩みを解消することができますよ。
また、銀歯が多いと、残念ながら歯が汚く見えてしまいます。歯は本来白に近い色をしていますから、銀歯があるとお口の中が暗くなり、歯が全体的に黒く見えてしまうためです。対策として、銀歯よりもプラスチックやセラミックの詰め物で治療することで、お口の中の白さを保ちきれいにすることができます。ただし、プラスチックは先ほどの通り、経年劣化で黄ばんでしまうので、小さい詰め物に使用して、大きい部分にはセラミックにすると黄ばみが目立たないでしょう。

歯が汚れてしまったら

歯が汚れてしまったら

歯の黄ばみや黒ずみがとっても気になるという方は、一度歯医者さんで相談してみましょう。歯のクリーニングをしていくことで白さを取り戻すことができる場合もありますし、他にもホワイトニング治療で素早く白い歯を手に入れることも可能です。他にも様々な治療方法があります。

ラミネートニベア

汚れがきになる歯の表面を少し削って、そこにセラミックを貼り付けるという方法です。歯の表面に貼り付けるので、歯への色素沈着を防ぎ、ずっと白い歯を保つことができます。つやつやとしていて、見た目がとてもきれいです。

リナメルトリートメント

歯の表面に傷がついていると、その部分に色素や汚れが沈着しやすくなってしまいます。もともと歯の表面にざらつきがある方もいますし、研磨剤入りの歯磨き粉で強く磨きすぎて傷ができてしまっているという方も意外と多いのです。そこで、歯の表面の傷を埋めて、色素や汚れが溜まりやすい溝を埋めていくというのがこの治療法です。定期的に治療していくことで、歯の表面が次第に平らになっていき、汚れが付着しにくくなります。

日々の丁寧なケアと、定期的な歯科検診を
日々の丁寧なケアと、定期的な歯科検診

歯が汚く見える原因は、食べ物や飲み物、生活習慣での色素や汚れの沈着と、歯の病気や治療あとの劣化が考えられるということがお分かりいただけたかと思います。きれいな歯を保つには、まず日々のブラッシングやデンタルリンスなどのオーラルケアを丁寧に行うことが大切です。
飲食をした後は、素早く歯を磨きましょう。また、その際は正しいブラッシング方法で磨くと効果があがります。正しい方法は、歯医者さんできちんと指導を受けてくださいね。歯の病気や治療あとの劣化については、定期的な歯科検診を受けることであらかじめ防ぐことができます。年に数回は、歯医者さんで歯科検診を受けましょう。大がかりな治療になると治療費もそれだけかかります。初期段階で原因を治療しておくのが、一番経済的で健康的ですよ。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

衛生士ブログ

2018/08/1
歯磨き粉

2018/06/13
矯正(MFT)

2018/04/25
矯正

もっと見る

スタッフブログ

2018/08/6
花火

2018/07/23

2018/07/9
夏!

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

患者様の声

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア