インプラント治療年間400本以上の豊富な実績。

指しゃぶり

こんにちは。
増田歯科医院 歯科衛生士の黒田です。

今日は指しゃぶり、爪噛みをする事により歯にどのような影響があるのかをお話します。

指しゃぶりをすると、今後…

・上の前歯が前方に出る(=出っ歯)

・上下の前歯の間に隙間が開いてしまう

・上下の奥歯が横にずれて中心が合わなくなってしまうという可能性が出てきます。

また、爪を噛んでしまう癖がありますと

上の前歯の間に隙間が開いてしまったり、歯並びが悪くなる恐れがあります。

だいたい3歳頃から始まる癖で、原因としては精神的緊張の高まりが挙げられます。

指しゃぶりに関しては乳児の発達過程における生理的な行為なので、そのまま経過をみて良いかと思います。
ただ3歳を過ぎる頃にまだ治っていなければ、骨格が大きく変化する前にやめさせるようにした方がいいです。

指しゃぶり、爪を噛むなどの癖がなかなか治らず、それにより歯並びが悪くなると、歯磨きが難しいため虫歯になるリスクも高まります。
矯正治療も場合によっては長期間かかる可能性もあり大変です。

その為、そのような癖に気付いたら早いうちからやめさせるようお家での指導をした方が良いです。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

スタッフブログ

2019/07/22
スタバ

2019/06/25
Netflix

2019/06/3
ナガスパ

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア