インプラント治療年間400本以上の豊富な実績。

ドライマウス

こんにちは。
増田歯科医院歯科、歯科衛生士の矢川です。

みなさんはお口の中が渇いていると感じたことはありませんか?

唾液の量が減りドライマウスの症状が出ている方もいらっしゃると思います。
唾液には、口の中を清潔に保つ働きがあるので、ドライマウスが進行すると、口の中が不潔なままとなり
口臭や、むし歯や歯周病の原因となることもあります。

また、シェーグレン症候群と呼ばれる病気によるものなど、対応の難しいケースもありますが
多くの場合について、舌、顎の運動量が減少していること
日常的に飲んでいる薬の中に唾液分泌を低下させる副作用のあるものがあります。

舌、顎の運動量低下に対しては、咀嚼が必要な食物を多く摂る、ガム(シュガーレス)を噛むなど
意識して舌や顎を動かす運動を行うと良いとされています。

例えば会話をするのも立派な運動です。通常、会話量の多い人ほど、のどの渇きを訴えにくい傾向があるとされています。

薬については、特に高齢者では、難しい問題を孕んでいます。
ドライマウスにつながる薬の中には、精神安定剤、睡眠導入剤、高血圧の薬など
高齢者になると、誰しも飲んでいるようなものが多くあります。
ドライマウスの副作用を持つ複数の種類の薬を飲んでいる人も少なくありません。
また、季節の変わり目である今は、花粉症で悩まされてる方も多いと思います。
花粉症の薬の中にも唾液の量を減らすものもあります。

しかし、ドライマウスが問題だ、と言って、簡単に薬を止めてしまうことはできません。
ただ、実際、普段飲んでいるお薬の服用回数を減らすだけで、ドライマウスの症状が軽減されたというケースもあります。
ドライマウスではないかと思われるようなのどの渇きがあり、しかも、眠り薬、安定剤や、高血圧の薬などを飲み始めた後に
そのような症状が出たという場合には、医師、歯科医師、薬剤師に相談されてみてはいかがでしょうか。

まずはお気軽にお問合わせください   女性カウンセラーが電話対応しています

インプラントパンフレット資料請求

インプラントパンフレット資料請求

衛生士ブログ

2018/01/31
口内炎

2017/12/6
口内炎について

2017/10/18
口臭

もっと見る

スタッフブログ

2018/04/18
ランチ

2018/04/10
お花見

2018/04/3
映画

もっと見る

インプラントパンフレット資料請求

活動報告

料金表

患者様の声

3医院開業しております

守口本院

京阪本線・古川橋駅より徒歩10分
大阪モノレール・大日駅より徒歩15分
TEL:06-6916-1118
詳しくはこちら

京橋院インプラントセンター

JR大阪環状線・JR東西線・地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅からすぐ
TEL:06-6882-1118
詳しくはこちら

門真院 門真ステーション歯科

京阪本線「門真市」駅から直結
大阪モノレール「門真市」駅から徒歩1分
TEL:06-6901-1118
詳しくはこちら

straumann

ノーベルバイオケア